Instagram毎日更新中!

加湿器は意味ない?必要性は?いらない理由【27選】を徹底検証

加湿器 いらない理由 必要性
  • 加湿器の必要性や効果に疑問を持っている
  • デメリットやいらない理由をよく聞く
  • 部屋の乾燥を防げる最善の手段が知りたい

こんな人におすすめの記事です。

加湿器って悪い評判も効くよね。

公式サイトじゃ分からないリアルな声を知りたい。

ぱりぃ

SNSで大量の口コミを集めて検証したよ!

結論から言うと、加湿器は賛否両論あり意見が大きくわかれる家電。

あなたにとって必要かどうかは、使ってみないと断言できません。

>>加湿器を格安で短期間使う方法はこちら


この記事を書いた人

ぱりぃのプロフィール画像
ぱりぃ
2interior管理人
  • 現役インテリアスタイリスト
    (年間200部屋作成)
  • 家具家電・インテリア業界10年目
    (元有名インテリアショップVMD担当)
  • 家具家電レンタル・サブスク専門家
    (当ブログで50以上専門記事を執筆)

そこで今回は、加湿器のリアルなデメリットを教えてくれる口コミを、27個集めました。

その他にも、

  • 使って効果があった口コミ
  • いる人いらない人の特徴まとめ
  • 失敗しない加湿器の選び方

なども解説。

この記事を読めば、加湿器で失敗するリスクをグッと減らせます。

ぱりぃ

個人のレビューじゃなくて、たくさんの口コミをもとに客観的に検証!

あなたの部屋の乾燥を防ぐために、本当に加湿器は有効なのか。

しっかりと見極めて、快適な空間を手に入れましょう。


加湿器は『レンタル』という手も!

  • 加湿器の効果があるか安くで試したい
  • 年中使うわけでもないのに買うのはもったいない
  • 保管やメンテナンスがめんどう

上記のような人はレンタルやサブスクがおすすめです。

お試しや冬の間だけなどの短期であれば、買うより格段に安く人気機種もレンタルできます。

>>加湿器のレンタルやサブスクに関する詳しい記事はこちら

※本記事で紹介している口コミはあくまで個人の感想です。効果を保証するものではありません。

タップできる目次

加湿器は意味ない?必要性が低い・いらない口コミ27選

加湿器の必要性は低い口コミ27選
  • 意味がない
  • いらない
  • やめた
  • 効果が薄い
  • デメリットが大きい

など、加湿器の落とし穴が分かる口コミを27個集めました。

ぱりぃ

知らずに買うと失敗する可能性大!

デメリットを知っておくのが1番大事だよね。

1つずつしっかり目を通して、失敗するリスクを下げましょう。

①加湿器をつけても乾燥して意味ない

②ダニやカビの原因になる

③結露が壁の内側にも発生

④加湿器の周りが湿る

⑤超音波式が臭かった

⑥超音波式の掃除がめんどうくさい

⑦超音波式は放っておくと悪い湿気を出す

⑧超音波式は周囲の家電が壊れる可能性

⑨超音波式は菌が繁殖しやすい

⑩スチーム式でブレーカーが落ちた

⑪部屋の広さとあってない

⑫換気するなら意味がない

⑬噴霧式は意味がない?

⑭ペーパー加湿器と陶器の加湿器が意味ない

⑮メリット・デメリットあって決められない

⑯濡れタオルを干したほうが合ってるかも

⑰隙間風がすごくて使用をやめた

⑱室温を高くしないと喉には意味ない

⑲汚れている加湿器を使っても意味ない

⑳暖房をつけると加湿器が意味ないくらいカサカサになる

㉑口呼吸で乾燥しているなら意味ない

㉒音がするから出力を下げては意味がない

㉓皮膚科で乾燥対策には意味がないと言われた

㉔ベッド脇に置けなくて意味ない

㉕給水がめんどうでやめた

㉖洗濯物で十分加湿されるからやめた

㉗非加熱式は菌の増殖がすごく加熱式は電気代が高い

>>加湿器をレンタルで買うより安く試してみる

加湿器の必要性や効果が低い・いらない人の特徴

加湿器の必要性が低い人の特徴
加湿器で失敗する人の特徴
  • 種類ごとの特徴を把握せずに買う
  • 部屋の広さにあっていない製品を選ぶ
  • メンテナンスや給水がめんどう
  • 雑菌やカビに敏感
  • 換気をたくさんしたい
ぱりぃ

メンテナンスできないなら超音波式はやめておけ!

という声がかなり多かったよ。

勢いで買って適当に使っていると後悔するね。

加湿器は合わない人も多くいます。

次の章で紹介しますが、効果が大きい人がたくさんいるのも事実。

つまり、実際に部屋に置いてみないことには、効果や使用感を確かめることはできません。

失敗しないためにも、サブスクなどで短期間試してみるのをおすすめします。

>>加湿器をレンタルで買うより安く試してみる

加湿器で失敗するリスクは最小限に、快適な空間を手に入れましょう。

加湿器の必要性や効果が高い人の口コミ

加湿器の必要性が高い人の口コミ

良い口コミ・評判も紹介します。

ぱりぃ

数えきれないくらい出てきたから10個に厳選!

リアルな良い効果も知りたい。

加湿器必須!と言う人も多くいます。

1つずつみていきましょう。

①咳こまなくなった

②スチーム式の威力と手入れの楽さに満足

③鼻づまりに効く

④小さい加湿器でもマシな気がする

⑤夏場のエアコンから肌を守れる

⑥夏なのに買って良かった

⑦引きこもりがちな人の部屋は必須

⑧タイマー付きの加湿器が良い

⑨メンテナンスの手間より加湿できるメリットが大きい

⑩インフルエンザ対策ができる

>>加湿器をレンタルで買うより安く試してみる

加湿器の必要性や効果が高い人の特徴

加湿器の必要性が高い人の特徴
加湿器の必要性が高い・効果的に使える人の特徴
  • 特徴をしっかり把握している
  • メンテナンスができる
  • 喉が痛くなりやすい
  • 肌の乾燥が気になる
  • 風邪やウイルス対策をしたい
ぱりぃ

特徴を理解してメンテナンスができれば、かなり有益な家電!

自宅の環境や自分の性格までふまえて考えたいね。

このように良い口コミもたくさんあります。

メリット・デメリットをしっかりと把握して、自分の状況と照らし合わせるのがおすすめ。

特定の意見に流されないようにしましょう。

加湿器の失敗しない選び方

  1. 加湿方式
  2. 加湿量
  3. 加湿以外の機能

最低限、上記3つのポイントを理解して加湿器は検討しましょう。

ぱりぃ

口コミを見て欲しい!と思った人は参考にしてね。

今すぐ買わなくても知っておいて損はないね。

1つずつ解説していきます。

加湿方式の違いを確認

スクロールできます
ハイブリット
(温風気化)
ハイブリット
(加熱超音波)
超音波スチーム気化
加湿量
加湿範囲
運転音
値段
電気代
清潔性
※メーカーや製品によって異なります。

加湿器は5つのタイプにわかれ、その機能性やコスパは一長一短です。

自分の目的や使用場所にベストな方式の加湿器を選びましょう。

ぱりぃ

個人的には清潔に使いたいからスチーム式!

電気代高いけど……

とは言うもののメーカーによって大きく変わるので、商品ページで特徴をしっかり確認してください。

部屋に適した加湿量を選ぶ

加湿量木造和室プレハブ洋室
(鉄筋マンションなど)
200mL/h3畳6畳
300mL/h5畳8畳
350mL/h6畳10畳
450mL/h8畳13畳
600mL/h10畳17畳
1000mL/h17畳28畳

加湿量は「mL/h」で表示され、建物の構造によって適応する畳数が変わります。

方式やメーカーが違っても正確に比較できるので、ぜひ参考にしましょう。

ぱりぃ

部屋の広さと加湿量があっていないと、デメリットしかないよ!

部屋の広さや構造によって、ベストな加湿量の機種を選んでください。

加湿以外で必要な機能がないかチェック

  • 自動運転
  • 空気清浄
  • ヒーター

など

シンプルに加湿するだけでなく、さまざまな便利機能がついた製品も多くあります。

ぱりぃ

例えば冬場のウイルス対策なら、空気清浄機能がついてると安心!

製品やメーカーによって大きく異なります。

各サービスのカテゴリーから商品ラインナップをチェックしましょう。

加湿器の必要性はレンタルで確かめよう

DMMいろいろレンタルの除湿機
出典:DMM.comのいろいろレンタル!
加湿器をレンタルするメリット
  • 短期レンタルなら買うより格段に安い
  • 格安で試せるので失敗してもリスクが低い
  • 乾燥やウイルスが気になる時期だけ借りられる
  • 保管やメンテナンスを考えなくてOK
  • 注文も返却もスマホ1つでかんたん

加湿器は短期間だけレンタルして検討するのも1つの手です。

ぱりぃ

例えば1ヶ月試してみて買うか判断すれば失敗しない!

年中使わないなら必要な時だけレンタルすれば、コストも浮きそう。

家電は処分もめんどうなので、一か八かで買って使わなくなるのは避けたいですよね。

また、年中使うわけでもないなら、わざわざ買って保管スペースをとられるのももったいない。

レンタルなら所有するリスクやストレスを最小限に、加湿器を部屋に置けます。

手続きもかんたんなので、一度サクッと試してみましょう。

快適な部屋での生活が買うより楽に手に入れられますよ。

レンタルの仕組みやサービス比較など、詳しく知りたい人は下の記事をご覧ください。

>>加湿器をレンタルで買うより安く試してみる

加湿器に関するよくある質問

結論、加湿器は買ったほうがいいの?

口コミを徹底検証しましたが、加湿器は賛否が分かれる家電でした。

一概に全ての人にどうするべきか断言はできません。

迷っている人はレンタルやサブスクで試してみるのもおすすめです。

>>加湿器をレンタルで買うより安く試してみる

超音波式のデメリットは?意味ないの?

デメリットは

  • メンテナンスが必須(雑菌が繁殖しやすい)
  • 周囲の家電に悪影響を及ぼす可能性

などがあるので注意して利用しましょう。

部屋のサイズに合った加湿量の機種を選べば、加湿効果は十分あります。

加湿器の代わりなるのはどんなものがある?
  • 濡れタオルや洗濯物を干す
  • 容器に水を張る
  • お湯を沸かす

などがあります。

加湿器を使うと寒くなる?それとも気温は上がる?

種類によります。

超音波や気化式は体感温度が下がりやすく、スチームやハイブリット式は下がりにくいです。

また、一般的に湿度が上がると体感温度は上がると言われています。

加湿器を置く場所は?

まず、直接顔などに当たる場所は避けましょう。

逆に蒸発で水分を持っていかれます。

なるべく周りに物がない、部屋の真ん中が理想です。

加湿器を使う時間帯はいつが良いの?

基本的に就寝時は避けるべきです。

湿度が高くなりすぎるのを可能性があるためです。

ダニやカビの発生など様々なデメリットがあります。

適度な加湿の目安は?

湿度40~60%ほどだと言われています。

加湿器って一年中使うの?

夏場はエアコンで乾燥しますから、1年中使うメリットもあります。

まとめ:加湿器の必要性は使ってみないと分からない

今回は大量の口コミを参考に、加湿器が本当に必要な家電なのか検証してきました。

ぱりぃ

結論、使う人や環境による!

実際に使ってみないと確実なことは言えないね。

おすすめはレンタルして短期間使ってみることです。

短期間だけ使いたいなら買うより断然安いですし、失敗してもダメージは最小限。

買うよりコストも手間も省いて、潤いのある快適な部屋を手に入れましょう。

>>加湿器をレンタルで買うより安く試してみる

タップできる目次